亀甲門(北門)

 亀甲門は弘前公園の北側にある門です。北門と呼ばれてはいますが、またの名を亀甲門(カメノコモン)と言います。この名前の由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様がいたとされているからです。

門の周辺には、津軽藩ねぷた村をはじめ、藩政時代からの姿をほぼそのまま留める石場家住宅や武家屋敷などがあります。ぜひ一度、行ってみてはどうでしょうか?

Translate
タイトルとURLをコピーしました