ボランティアライターを募集しています!

【イベントレポ】弥生いこいの広場 OUTDOOR FESに行ってきました!

観光で楽しむ

 こんにちは、Ino_Kです。いよいよ暑い夏が近づいてきました。夏といえばキャンプやバーベキューの季節!今回は先週末(5/28,29)に開かれた、「弥生いこいの広場 YAYOI OUTDOOR FES」の模様をご紹介します!夏に楽しみたいアウトドア用品の展示や、地元の名産品の販売が行われていました!また、弥生いこいの広場に併設されている動物広場の様子もお伝えします(こちらのほうがメインかも)!

この記事を書いた人
Ino_K

サイトの運営、アオモルのコンテンツ作成をしています!
サイトについて御用の方はTwitterへ

Ino_Kをフォローする

弥生いこいの広場とは?

弥生いこいの広場 動物広場の入場券

 弥生いこいの広場は岩木山の麓、弘前市弥生にあるレジャー施設で、ミニ動物園(動物広場)とオートキャンプ場などが併設されています。動物広場は本州最北の動物園とされていて、小規模ですが50種200点の動物を観察することができます。また、オートキャンプ場は電源がある区画や各種レンタルなどがあり、大自然の中で気軽にキャンプを楽しめます!

OUTDOOR FESへ!

OUTDOOR FES会場マップ

 OUTDOOR FESはオートキャンプ場で開催!様々なイベントが催されていましたのでご紹介します!(しかしりんご花まつりのときと同様遅めの時間に訪問、回れなかったイベントがあるので抜粋して掲載します……。)

スラックライン体験

スラックライン体験(写っているのは筆者の弟)
スラックライン体験コーナー

 スラックラインは細いベルトのようなものの上でバランスをとって楽しむアウトドアアクティビティです。木と木の間に張り、平均台に乗るような形でバランスをとっていきますが、見ていると小学生くらいの子がスイスイと歩いていて、非常に楽しそう。筆者も挑戦しましたが運動音痴でバランス力が皆無。2歩進んだだけで落ちてしまいました……。乗るだけなら比較的簡単(?)なので機会があれば試してみては?

キャンピングカー展示

Bug Truck

 アウトドア好きなら誰もが憧れるキャンピングカー。会場内ではテントむし・Bug Truckの展示が行われていました。どちらも軽トラックをベースにしたコンパクトなキャンピングカーでした。また、近くにはテントの実物展示が。大きなテントで快適そうでした。

露店コーナー

露店コーナー

 お祭りといえば屋台!この日は弘前ではおなじみのカランカランアイスや、おおわに自然村の肉加工品販売が行われていました。カランカランアイスは弘前公園周辺や宵宮などにもあるので、ぜひ味わってみてください!

 このほかにもドローン展示やジャージー牛の乳搾り体験、野外料理講座が行われていたそうです。抽選会も行われていましたが、抽選券をもらい損ね参加できず……。来年開催されたときはしっかり回り切りたいと思います。

動物広場の様子

動物広場マップ

 実はこの日OUTDOOR FESの存在を知らずに弥生いこいの広場にきており、人が集まってるなぁと思いつつ先に動物広場を観ていました(先に存在に気付いていれば……!)。というわけで動物広場の様子も紹介します。この日もかわいい動物たちが出迎えてくれました!

プレーリードッグさん

 入場券(大人440円!)を購入していざ中へ!小さな沢にかかる橋を渡ると動物広場に到着します。

 入ってすぐの場所にはプレーリードッグがお出迎え。かわいい!写真に写るのは微動だにせず同じ方を向いている1匹、何かを感じ取っているのか……?

シロクジャクさん

 ここ弥生いこいの広場は鳥類の展示が多い気がします。プレーリードッグの近くにはシロフクロウやシロクジャクがいました。クジャクは弘前公園内の植物園にもいますね。にしてもこの写真、なんだか神々しいような気がします。残念ながら羽を広げている様子は観察できませんでした。次に期待。

ホンドギツネのボブさん

 ホンドギツネです。山奥にいくとたまに見かけます。この子はボブというそうで、元野生児のだそうです。現在病気治療中で若干痩せていますが元気に走り回っていました。

イノシシさん一家
帰り際、寝ていたうり坊のみなさん

 つづいてイノシシ。毎年春になると生まれるイノシシの赤ちゃん!今年もうり坊がいました。時間帯によってはみんなで集まって寝ていたりとてもかわいいのです。

寝ているアライグマのみなさん
おやつを求めるアライグマさん

 弥生いこいの広場には各動物のおやつが入ったガチャガチャがありまして、実際におやつを食べる様子を観察できるシステムがあるのですが、この日行った時は売り切れでした。アライグマさん、私はおやつを持っていません。そんなかわいい目で見ないでください何も出てきません。

フンボルトペンギンのみなさん
家系図

 弥生いこいの広場にはペンギンもいます。浅虫水族館にもいるフンボルトペンギンです。秋田市にある大森山動物園から2015年あたりに来た6羽と、弥生で生まれた2羽の計8羽がいます。赤ちゃんが生まれたときの写真があったはずなのですが行方不明です。見つかったら紹介します。

うさぎさん
掘っています

 弥生いこいの広場の上のほう(奥のほう)にはふれあいコーナーがあるのですが、現在コロナの関係で休止中。外からは観察ができます。写真は穴を掘るうさぎです。うさぎは野生下では穴を掘って生活しているのでその様子を観察できます(脱走を企てているのか?)。

 このほかにもポニーやニホンザルがいました。山の中に立地しているからか(?)野生のニホンザルもいました(飼われているニホンザルとコミュニケーションしていたところを職員に追っ払われていました)。ポニーは乗馬体験もできたのですがこちらもコロナの関係で休止中。再開したら乗ってみたいと思います。

まとめ・参考リンク

通常の利用料金も日帰り1570円、宿泊3140円と格安

 今回は弥生いこいの広場の様子をお伝えしました!弥生いこいの広場は11月まで開場しているので、キャンプしたいときや動物を観に行きたいときはぜひ行ってみてください!今回もお読みいただきありがとうございました!(公式サイトは2019になっていますが内容は2022年のものです)

おまけ

岩木山の湧き水
駐車場にひっそりとあります

 弥生いこいの広場の駐車場には岩木山の湧き水を汲めるところがあります。水量豊富で水質検査もしっかりしていて、とてもおいしいお水です。勢いが強すぎてそのまま飲むのが大変なので、訪れる際は水を入れるボトルやタンクを持参していくのもおすすめです。

見覚えのある軽トラが……?

 りんご娘のYouTube番組「産地直送 日本最高!!」の軽トラが!?もしかしたらそのうちこのイベントが取り上げられるのかもしれませんね。

 弥生いこいの広場 動物広場ではAmazon欲しいものリストを公開しています。寄付したい方はこちらからぜひ。

コメント

Translate
タイトルとURLをコピーしました